簡易的な記録(10/30)

2016年になってから観たもの。同じ映画何度か見たけれど月1で映画館で観れるような生活になって個人的には満足です。5月末からヒメアノ~ルに頭が支配されててズートピアやらなんやら見れなくて残念、しかし後悔は無い。

スターウォーズ フォースの覚醒
OPで泣いた、またここから始まるんだっていうワクワクが堪らなかった。
同時に新3部作から入った私はあのスタイリッシュなジェダイ達のライトセーバーバトルが好きなんだなあと気づかされたり。ハン・ソロあっさり死んでびびった。グッズがたくさん出て嬉しい。おびわんのグッズは皆無だけど…。

オールユーニードイズキル
面白かった!!!!!お友達が大好きなトム・クルーズ、こりゃいいやあ!!!!

土竜の唄
好きじゃない。

I am Sam
愛することと幸せにすることと責任を持つことと、育てることと。何もかもが完璧な親なんていなくて、ただ子どもは愛されることを知るべき。大人がすべて決めていいはずない、だけどルーシーとサムの子どもだけで決めてもいけない。子どもと大人がそろって人は完成するのかもしれない。

96時間
目的とプロセスの明確化がアクションムービーを魅力的にする。

オデッセイ
96時間の次の日くらいに観たかも、目的とプロセスの設定という面白さ。

ニューシネマパラダイス
おとなとこども。いつかは巣立つということ。

図書館戦争THE LAST MISSION
2015年にかなりみたけど飛行機で10回くらい観た。焚書の件で呼び出されたあとの二人のやりとりが、堂上が退院して館内で郁を探してるときのやりとりと対比されてて超きゅんきゅんする。

キャロル
英語しかなくてわかんなかった、わかんないけどドキドキした。早くちゃんと見たい。

ライフ・オブ・パイ
久しぶりに観た、2回目。相変わらずめちゃくちゃに綺麗。最後の数分の話でそれまでの映画がひっくり返る。自己投影としての肉食動物という考え方は面白いなあと思う。

タイタニック
初めて観た。飛行機で観てて隣知らない人だったのにボロ泣きしてしまった。

エヴェレスト 神々の山嶺
岡田さんが出演される作品がどうにも自分に合わない感じがして残念。カメラマンという部分が重要なのかと思ったらそうでもなかった。エヴェレスト最大の謎はどうでもよくなっちゃうくらいエヴェレストはすごいのかもしれないけどそこまで憑りつかれる理由が分からず。あともっと現地の山の景色見たかったなあ。

KING OF PRISM by PrettyRhythm(応援上映)
鑑賞スタイルとして応援上映というのはすごく興味深かった。こういう声を出してオッケーな映画が増えてほしい、特にアクションとホラー!!!
この映画自体はジャニヲタとしてマジ無理、突然出てきた新人がメンバー脱退直後に歌って踊ったら殺人事件起こる。笑
あと定番パターンを超えていつも同じところで同じことしか言わないの?みたいなのが面白くないと思った、応援上映。映画は生ものでは無くて変化がないんだからこちら再度がその時々で変わらないと面白くないのでは?定番パターンこそ正義、それしか聞きたくないってスタンスならそれこそお友達とスクリーン貸し切って観てくれ。アニメ系のアイドル物は自分には合わない。

ヒメアノ~ル
自分の感性にここまでガッチリ合う映画に出会えたことに感謝。学生時代に出会ってたら絶対これ研究対象にしてた。時間かけてもっと向き合いたい作品。

シン・ゴジラ
うおおおー!パニック系が苦手だって敬遠してたけどそこがメインじゃなかったー!!!!難しいことはよくわからんけど頭のキレる賢い人はかっこいい。いっせーくん萌え。

怒り
不愉快だと突き放してはいけない。宮崎あおいがこんなすごいとは知らんかった。

君の名は。
PV作るのうまいなあ!!!!(?)

華麗なるギャッツビー
恋が運命を変えるのか運命を変える恋に出会ったのか。

天使と悪魔
久しぶりのユアンマクレガー、久しぶりのカルなんとかさん。あーん可愛いよお。

猟人日記
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイを観た時にモザイクの入れ方クソだろってキレたんだけどこれはあれでした、霧でしたわ。18禁だった、まじか。ヒメアノ〜ルで監督が「警察官を殺すシーンは包丁が胸にゆっくり刺さる様を撮りたかったけどそうすると18禁になるから」と言ってた。判断基準はなんだろう。「猟人日記」は邦題で元々はYOUNG ADAM。意味とは。働いてる船はAtlantic Eve、アダムとイヴ。セックスシーンが多いけどエロスでは無くて事象としての接触でしかなかった。それってジョーにとってセックスが特別じゃないからなのかなんなのか。DVDがもうすぐ発売だからこの話もまたしたいけどヒメアノ〜ルで久美子が森田に殴られてるシーンの方が官能的だ。子どもが嫌いと言ってるけど実際のユアンは最高のパパだからユアン私のお父さんにならないかなあ〜〜。

人生はビギナーズ
邦題もビギナーズでええやんけ!なあ!?こういう穏やかなラブストーリー的な映画はあんまり好きじゃないんだけど2人の恋があまりに穏やかでユアンが大好きなのもあるけどなんでか最後まで飽きずにじーっと見入ってしまった。「38歳でまた女に惚れるとは」とかいうからバイなのかと思ってた、ちゃうかった。

 

突如ユアン・マクレガーへの恋心が燃え上がって1日で3本観たわけだけどやーーーっぱり洋画好きだし映画好きだなあ。

 

観たいやつ
・2つ星の料理人
・帰ってきたヒトラー
ズートピア
8 1/2
ファンタスティック・プラネット
・キャロル
・罪の余白
裏切りのサーカス

今更応援スタンス〜生きるのが辛い社会人の場合〜

今の熱力とか気持ちとかきっといつかは無くなるから、その時に思い出すために書き残します。

テレ東音楽祭も音楽の日もFNSも華麗に無視して、オタク的大イベント自担の誕生日も放置してこの1ヶ月何をしてたかと言うと仕事をしていた。セミが鳴く前に家を出てるもんだから、夏をまだ感じてない。セミには私が起きるより早くから鳴いてほしい。不満を書くつもりはないので飛ばすけど、とりあえず私は「健くんを応援する資金のために仕事をしている」状態だしつまり「健くんに会える日」が人生の本番で「健くんの担当」が本職だから日常は全部片手間です。じゃあそんな感じのゴミカス社会人の応援スタンスいってみよう!!!!(死)

 

 

・CDとDVDを買う基準
全部買う!!!!お金払ったらきっと良いことあると思って生きてる。ファンになって1年しか過ぎてないから昔のはまだ集めてるところ、musicmind以前がまだ無い。
コンサートの映像は初回限定版もBlu-rayで出して欲しかった…!同じ本編映像さすがに3枚もいらない…3枚同時再生とかしたら良いのか?

 

・雑誌を買う基準
年末くらいから「健くんもうすぐ髪の毛切るかな?今の髪型大好きだから切る前にたくさん写真残しておかなきゃ!」って買いまくってる。7月も下旬に差し掛かった今、健くんの髪型、変わらず…!すいません、三宅健さんってどのくらいのスパンで髪型変えるんですか教えてください…。滝沢歌舞伎の頃は浮かれポンチマックスすぎて「健くん載ってる♡」でレジ行ってたもんだから雑誌が増えてたまらない。健くんフォトジェニック…好き…ってなるから立ち読みで終わらないしそもそも仕事帰りはすごい急いでるから悩むなら買うわ!って感じでお金払ってる。
HanakoとNYLONは定期購読始めました!Hanakoが月2回発行なの知らなかった、そりゃ見逃しが多いわけだわ。余談だけど三宅担の「HanakoとNYLONは定期購読」率やばくない?雑誌が売れない時代とは????
They武道が表紙になったダンススクエアは沢山買って友だちに配った、みんなハガキ送ってくれたか!?!?!?てか読んだ!?!?!?

 

・ジャニショで写真を買う基準
三宅健1セットと健くんがいる番号に1って書く。それ以外だと井ノ原くんの写真が多い!仕事終わりだと悩んで選ぶ時間ないって言うのもある。

 

・グッズを買う基準
フォトセットは絶対買う。公演が好きだったらパンフレットも。それ以外だと日常的に使っても問題無さそうかつデザインが可愛いものなら買うかもしれない。歌舞伎は全く部屋に貼る予定ないけど健くんかっこよすぎてポスター買った…開けてすらいない、あれを開くと美貌で私の部屋崩壊すると思う。

あと、現場は行けるだけ行きたいけど現実的に無理なこともあるから、チケットがあれば行くって感じで、その代わりチケットがあるなら場所は問わないみたいな。今年は譲ってもらうばかりだから早く私も恩返しがしたい。滝沢歌舞伎は「行けないなら仕事辞める!死ぬ!嫌だ!」とか大人としてあるまじき取り乱し方をしたからなんかもう…健くんの次の現場…チケット沢山当たらないかな…って…ほら…衝動的に仕事辞めたりしたらやばいし…。


グッズ以外は何でもかんでも買ってるみたいな状態だったわ。お金を払うっていうのが一番の応援だしアピールだと思ってる。給料はちゃんと出てるから正直なところ今くらいの雑誌・CD・DVDの発売具合なら全部買ってても生活困らないし変われなさそう。悲しいことに他に趣味と言ったらお酒くらいしかないからお金使うタイミング無い…つら…。
一応線引きとしては「健くんかそうじゃないか」。V6かっこいい!からファンになったけど1年経ってみれば「健くん健くん健くん健くん健くん!健くん!!!!」状態だし、やっぱり自担が最優先。オール担とかはよくわからないV6くらい個人活動多かったらオール担してたら財政破綻起こさない?ご職業殺し屋とかなんです?興味はもちろんあるし(ヒメアノ〜ル狂ったように観てたし)ハマれば通いたいけれど「健くんの仕事のためにお金貯めときたいなあ」とかそういう考えはずっとある。 

そんな感じで、バリバリ依存してる。おたく辞めたら生きる目的見失ってそのまま人生破滅しそうだけどおたくしてても人生破滅しそうで恐怖。自分では「もう落ち着いてきたわ〜」とか言っててもいざ何かあると頭パーンしちゃう。幼なじみとかリア友に怒られたり諭されたりして今日もなんとか社会人として踏み止まってる。ちゃんとした大人になりたいまじで。
半年後くらいにこれ見ながらバカじゃんって笑ってたりしないかなあ。

 

今日突然滝沢歌舞伎が終わった後の健くんの言葉が読みたくなって、にこ健読み返したんだけど何回読んでも感情があふれてとまらなくなる。明確なタイミングがあるわけじゃないけど、1年かけて健くんの言葉に救われて心掴まれたっていうのは間違いないし、これから私が健くんに対して本当に落ち着いていってもそうやってたくさん幸せな気持ちにしてくれたことは忘れないでいたいなあ。こういう考えこんじゃう状態からは脱したいと思っています!!!!あんまり現場に入れてないからジャニウェブとか雑誌読み込んじゃうんだ許してけろ~~~ストレスで胃腸炎になったから寝るわ~~~。

シメアノ〜ルした。鑑賞記録 #ヒメアノ〜ル

タイトル間違ってたな!シメノア〜ルじゃなくてシメアノ〜ルだ!

1ヶ月間ありがとう。内容に触れています。

劇場で観ることの意味を感じました。DVDを買おうと思っていましたが自宅で99分間耐えられるかと聞かれると実際厳しいものがありそうです。

 

「あれ岡田くん、久しぶり」

「え、来てないよ」

登場してから一言目だけは森田くんは森田くんだったんだと思いました。

ユカちゃんへの森田の気持ちはなんだろうとずっと考えていたのですが、Twitterでフォロワーさんに「恋心」と言われてなるほど、と思いました。愛しさを感じたとしてもそれを恋と認識していなかっただろうし伝える術も無かったし安藤さんのようにデートに誘うという発想もなかったであろう森田が切ないです。

私は安藤さんと森田は限りなく近いけれど決定的なほど遠い場所にいる2人なんだと思うようになりました。安藤さんは何か一押しがあっても森田にはならないし森田は安藤さんになるという選択肢は無かった。

感情を爆発させることができる安藤さんと、劇中ほとんど話さず大声も出さず表情も変わらなかった森田が、やっぱり切ないです。

怖かったし気持ち悪かったし少しの同情もあるのでしょうけれど、わたしはずっと切なかったんですね。

 

今更ですが映画として本当に魅力的でした、何度見ても悪趣味で最高な演出。

こうやって頭から離れられない作品に出会えて良かったです。非常に楽しい1ヶ月でした。

 

てことで!鑑賞記録ヒメアノ〜ル終わり!もう観ないとか言ったのは何だったのかってくらい観ましたわ。まだ観てない人はぜひ!劇場で!!!!