読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡易的な記録(10/30)

2016年になってから観たもの。同じ映画何度か見たけれど月1で映画館で観れるような生活になって個人的には満足です。5月末からヒメアノ~ルに頭が支配されててズートピアやらなんやら見れなくて残念、しかし後悔は無い。

スターウォーズ フォースの覚醒
OPで泣いた、またここから始まるんだっていうワクワクが堪らなかった。
同時に新3部作から入った私はあのスタイリッシュなジェダイ達のライトセーバーバトルが好きなんだなあと気づかされたり。ハン・ソロあっさり死んでびびった。グッズがたくさん出て嬉しい。おびわんのグッズは皆無だけど…。

オールユーニードイズキル
面白かった!!!!!お友達が大好きなトム・クルーズ、こりゃいいやあ!!!!

土竜の唄
好きじゃない。

I am Sam
愛することと幸せにすることと責任を持つことと、育てることと。何もかもが完璧な親なんていなくて、ただ子どもは愛されることを知るべき。大人がすべて決めていいはずない、だけどルーシーとサムの子どもだけで決めてもいけない。子どもと大人がそろって人は完成するのかもしれない。

96時間
目的とプロセスの明確化がアクションムービーを魅力的にする。

オデッセイ
96時間の次の日くらいに観たかも、目的とプロセスの設定という面白さ。

ニューシネマパラダイス
おとなとこども。いつかは巣立つということ。

図書館戦争THE LAST MISSION
2015年にかなりみたけど飛行機で10回くらい観た。焚書の件で呼び出されたあとの二人のやりとりが、堂上が退院して館内で郁を探してるときのやりとりと対比されてて超きゅんきゅんする。

キャロル
英語しかなくてわかんなかった、わかんないけどドキドキした。早くちゃんと見たい。

ライフ・オブ・パイ
久しぶりに観た、2回目。相変わらずめちゃくちゃに綺麗。最後の数分の話でそれまでの映画がひっくり返る。自己投影としての肉食動物という考え方は面白いなあと思う。

タイタニック
初めて観た。飛行機で観てて隣知らない人だったのにボロ泣きしてしまった。

エヴェレスト 神々の山嶺
岡田さんが出演される作品がどうにも自分に合わない感じがして残念。カメラマンという部分が重要なのかと思ったらそうでもなかった。エヴェレスト最大の謎はどうでもよくなっちゃうくらいエヴェレストはすごいのかもしれないけどそこまで憑りつかれる理由が分からず。あともっと現地の山の景色見たかったなあ。

KING OF PRISM by PrettyRhythm(応援上映)
鑑賞スタイルとして応援上映というのはすごく興味深かった。こういう声を出してオッケーな映画が増えてほしい、特にアクションとホラー!!!
この映画自体はジャニヲタとしてマジ無理、突然出てきた新人がメンバー脱退直後に歌って踊ったら殺人事件起こる。笑
あと定番パターンを超えていつも同じところで同じことしか言わないの?みたいなのが面白くないと思った、応援上映。映画は生ものでは無くて変化がないんだからこちら再度がその時々で変わらないと面白くないのでは?定番パターンこそ正義、それしか聞きたくないってスタンスならそれこそお友達とスクリーン貸し切って観てくれ。アニメ系のアイドル物は自分には合わない。

ヒメアノ~ル
自分の感性にここまでガッチリ合う映画に出会えたことに感謝。学生時代に出会ってたら絶対これ研究対象にしてた。時間かけてもっと向き合いたい作品。

シン・ゴジラ
うおおおー!パニック系が苦手だって敬遠してたけどそこがメインじゃなかったー!!!!難しいことはよくわからんけど頭のキレる賢い人はかっこいい。いっせーくん萌え。

怒り
不愉快だと突き放してはいけない。宮崎あおいがこんなすごいとは知らんかった。

君の名は。
PV作るのうまいなあ!!!!(?)

華麗なるギャッツビー
恋が運命を変えるのか運命を変える恋に出会ったのか。

天使と悪魔
久しぶりのユアンマクレガー、久しぶりのカルなんとかさん。あーん可愛いよお。

猟人日記
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイを観た時にモザイクの入れ方クソだろってキレたんだけどこれはあれでした、霧でしたわ。18禁だった、まじか。ヒメアノ〜ルで監督が「警察官を殺すシーンは包丁が胸にゆっくり刺さる様を撮りたかったけどそうすると18禁になるから」と言ってた。判断基準はなんだろう。「猟人日記」は邦題で元々はYOUNG ADAM。意味とは。働いてる船はAtlantic Eve、アダムとイヴ。セックスシーンが多いけどエロスでは無くて事象としての接触でしかなかった。それってジョーにとってセックスが特別じゃないからなのかなんなのか。DVDがもうすぐ発売だからこの話もまたしたいけどヒメアノ〜ルで久美子が森田に殴られてるシーンの方が官能的だ。子どもが嫌いと言ってるけど実際のユアンは最高のパパだからユアン私のお父さんにならないかなあ〜〜。

人生はビギナーズ
邦題もビギナーズでええやんけ!なあ!?こういう穏やかなラブストーリー的な映画はあんまり好きじゃないんだけど2人の恋があまりに穏やかでユアンが大好きなのもあるけどなんでか最後まで飽きずにじーっと見入ってしまった。「38歳でまた女に惚れるとは」とかいうからバイなのかと思ってた、ちゃうかった。

 

突如ユアン・マクレガーへの恋心が燃え上がって1日で3本観たわけだけどやーーーっぱり洋画好きだし映画好きだなあ。

 

観たいやつ
・2つ星の料理人
・帰ってきたヒトラー
ズートピア
8 1/2
ファンタスティック・プラネット
・キャロル
・罪の余白
裏切りのサーカス